親にお金を借りる時の頼み方ベスト5

2016年11月22日

親にお金借りると時の頼み方で一番大事なのは、まともな理由を付けて借りることです。「パチンコやるから金貸して」というような理由は最悪です。親も心配しますし、そんなふざけた理由ではなかなか貸してくれないでしょう。まともな理由としては、家を建てるとかマイカーを買うとか、そういう前向きな理由をつけて交渉するのがいいです。そういう前向きな理由での融資話なら、親も可愛い我が子に頼られるのが嬉しいので、けっこう快く貸してくれるものです。

次に返済期限を明確にするというのも大事です。親だから返済期限はアバウトでも大丈夫と思うかもしれませんが、やはり貸す側からすると、いつ返してくれるのか分からないと不安なものです。いつまでに必ず返済すると約束すれば親もお金を貸しやすくなります。

3つ目に、利息を付けると約束するのも有効です。親にお金を借りる際は、利息なんて支払わないのが普通かもしれませんが、やはり借りたからには、何かお礼はした方がいいです。「利息をこれだけ払うから」と説明すれば親も誠実さを感じて快く貸してくれる可能性が高いです。

4つ目に、借用書もできれば作成しましょう。わざわざ親子間で借用書を作るのは億劫だと思うかもしれませんが、親族間でもお金のトラブルで裁判沙汰になるケースがよくあります。万が一に備えて借用書を作ってやれば親も安心です。

5番目は嘘をつかないことです。最後にあげましたが、実はこれが一番大事です。たとえFX投資で失敗して借金を背負ってしまったというようなネガティブな理由でお金が必要なのだとしても、それを包み隠さず話して交渉しましょう。1番目にあげた、まともな理由で借りるということと矛盾しますが、こういう場合は、正直さを優先するべきです。嘘をついてお金を借りるのは、後々トラブルになる元です。

コメントはまだありません

コメントは停止中です。