脱毛器Q&A・アトピーでも使える?

2016年12月5日

日本人の死亡原因として最も多いものは癌であるとされています。
人間の中では絶えずがん細胞がつくられており、それよりも抑制細胞の方が多くつくられることでがん細胞の増殖を抑えがんにならずにくらしているそうです。
そう考えると、いつその抑制細胞の生産が少なくなりがん細胞を抑える力が弱くなったとしてもおかしくないともいえます。
もし、人間が事故やほかの病気、寿命などがないのだとすればすべての人間は最終的にがんにかかるのだという説もあるほどです。

がんとは日本人にとって最も身近であり、もっとも危険性の高い病気でもあります。
家庭用脱毛器を使用すると癌になる、そんな噂を耳にしたことがあるのでしょう。

脱毛器ががんに関係することはありません。
恐らく、紫外線による皮膚がん、これがあるために光を集中的に利用する脱毛器に心配があるのでしょう。
しかしそもそも家庭用脱毛器で使用している光は紫外線ではありません。
赤外線になります。
そのため発がん性のあるものではないということがお分かりいただけるでしょう。

うわさとは簡単に出来上がるものです。
最初の発信源となった人が特定できるものでもありません。
光、集中、照射、紫外線、がん。
これらの単語が重なり合い、がんの可能性はないのかという心配がいつの間にか癌になるのだという言葉に変わっていったのでしょう。
発がん性があるかもしれない、ということで検討を控えていたのであればその心配はないということです。
【脱毛器モール】脱毛器人気ランキング永久保存版!コスパNO1は?はこちら

コメントはまだありません

コメントは停止中です。